So-net無料ブログ作成

子育てに厳しい時代? [パパ]

最近、ちょっとなぁと考えることが続いたのでちょっと書いてみます。

一つはパパの会社のフレックス制度について。
我が家はパパとママの共働きです。
ママの勤務は昼間だったり、夜だったり、深夜だったり不定期で、
その勤務シフトにあわせて、パパが保育園を送りにいったり、迎えにいったりしてました。

保育園を送りに行くときは朝、子供二人を起こしてご飯食べさせたり、
着替えさせたりしてから家をでるため、どうしても会社の定時の始業時間には
間に合わないことがおおいのですが、従来はフレックス扱いとして、
退社時間を遅くすることでつじつまを合わせていました。

しかし、この度見直しがかかり、保育園の送り迎え等の育児という理由では
フレックスにならないというお達しがでてしまいしました。
会社の始業時間に間に合わないならその分子供を早く起こしなさい!という事らしいです。
それでも駄目なら、育児時間短縮制度を利用しなさいと。
(もちろん実労働時間は短縮されてません)

家庭の都合を会社に持ち込むな!という理屈は判らなくもないですが、
フレックスって、本来働く人たちのライフステージにあわせて柔軟な勤務を可能にするために有るんじゃなかったっけ?
各個人の状況にあわせて、一番働きやすく、効率をあげていくという趣旨だったとおもうのですが、
いつの間にか殆ど使えない状態になっている事に違和感を覚えてます。

因みに、我が家は早起きをさせたところで、逆に寝起きの機嫌が悪くなって逆効果になりそうです・・(xx)

もう一件は近所のお話。子供を家の前で遊ばせていると子供のいない(子供はおおきくなった)世帯からは子供の遊びの音がうるさいと苦情がきてしまいました。遊ばせるなら公園でやれと。
私は子供は外で元気に遊ぶのが仕事だと思っているので、休みの日に近所の子供の声が聞こえてこないのはむしろ不自然だと思うくらいなのですが、子供の居ない人からみればいい迷惑なのかもしれませんね。
それにしても、近所には小さな子供を持つ家庭が大半なのに、もう少し大目に見て欲しいとおもうのですが・・・・。
我が家も、共働きで週末はパパが家事をしている間、一人で親の目の届かない公園に保育園児を遊びに行かせるわけにも行かず、困惑しています。

共働きで子供を育てるには世知辛い世の中になりました。


2011-12-25 02:12  nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 2

ぺーぱん

お久しぶりです。
同じ子供を持つ親としてはかなり共感を覚える文面ですね。

確かにフレックスのコンセプトはどこへやらという感じですね。。。。
託児施設を設けたり、妊娠出産後の職場復帰を支援する会社が出てきている中、制度が退化している感じですね。
近所の人の対応については…、やはり他人の行動を許容できる器が社会全体として小さくなりつつあるのかな?と思ったりします。幸いにも内の近所はそういった神経質な方が居ないので助かっていますけどね。
あとは隣人、或いは地域の人たちとの繋がりが希薄というのもあるでしょう。公園で子供たちだけで遊ばせるのが「危険」と思うのも、そういうことが一因にあるように思いますね。
今の社会情勢を個人の力で変えるのは難しいですが、少なくとも疑問を感じている私たち自身は正していかなければいけないと思いました。
by ぺーぱん (2011-12-28 12:39) 

ほづ

ぺーぱんさま。
お久しぶりです。そして、あけましておめでとうございます。
今年もよろしく。

昨年の春は、サワの保育園入園に伴いいろいろ大変なので、
育児休暇を会社に申請したけど受理されず、逆に長期出張となってしまい
札幌からお義母さんにきてもらったりしました。

ウチの会社は、名前ばかりの制度はあって、子育てにやさしいと対外的に宣伝していた割には制度の詳細が曖昧で、運用上の解釈でどうにでもとれるため、今までなんとか使えていたところも今回の見直しで、殆ど使えなくなってしまいました。
同業大手のフレックス制度自体の廃止や、完全能力給移行に伴う家族手当廃止に追従する動きがかかっていることもあり、子育てに関する理解は段々なくなりつつあるというところが実感です。

ご近所問題も、自治会の役員を経験したとき、身近なコミュニティー形成がとても重要だと実感しましたが、神経質で、かつ自己主張の強い人に対しては良好な関係の形成が難しいのが実情です。
我が家の前は、ちょっとした広場状態で近所の子供達が集まってきて休日にはちょっとした保育園状態だったのですが、最近は殆ど子供の声が聞こえなくなり寂しくなってしまいました。子供達を遊ばせることも念頭に購入した物件なので、とても残念です。


by ほづ (2012-01-01 00:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。